デザインリフォームについて

個性的なデザインと住み心地の両立

「見た目も、機能も、住み心地もスタイリッシュに」

デザインリフォームは、新しい設備を取り入れたり住みやすい間取りに変えたりする「表面的なリフォーム」ではなく、居住空間をもっと美しく、暮らしをもっと豊かにするために行う「新しい人生の提案があるようなリフォーム」と捉えられており、これまでの住まいに新たな価値を吹き込む意味で近年では需要が高まっています。

とは言えデザインリフォームには、明確な定義はなく、易しくいうと「デザイナーやプランナーなど、プロに企画してもらい、お洒落な内装に変えること」という認識をされています。

ライフスタイル・嗜好に合った住まいづくり

従来のリフォームの多くは、既存の間取りや設備を活かしながら、内装材や設備機器を交換するなどの補修工事が中心でした。長い不況の続く日本で、リフォーム業界では値段中心の低価格競争が続き、デザイン性にはあまり重点が置かれていなかったことが一因としてあります。

デザイン・リフォームは、近年のライフスタイルの多様化に伴い、住む人の、生き方、暮らし方、つまり「ライフスタイル」に合った住まい作りをデザイン・機能両面で考えるプロが設計、デザインする物件として注目を集めているのです。

デザイン性が高く機能的で、快適でオリジナルティのある住空間を手にすることが出来る点が、デザイン・リフォームの最大のメリットです。 内装材一つとっても、素人が思いもつかない色使いや組み合せをプロが提案してくれます。

「この机を海外で購入したから、これに合う雰囲気の家にリフォームしてほしい」、「パリを思わせるような家にしてほしい」など、本人の依頼に適うような住まいづくりをプロがコーディネイトします。

上部にジャンプ!