リフォームの流れ

リフォームを検討する

現在の住まいの問題点や、どういった住まいにしたいかを考えます。築年数や傷み具合や、建てかえた方が安いのではないか、など多角的に検討します。また、家族間での完成像の統一などものちのち不満が残らないよう話し合うことも大切です。

リフォームの大体の相場を知る・リフォーム会社を探す

インターネットやパンフレットなどで、どのくらいの値段でリフォームができるかを調べておくとよいでしょう。その相場を参考に、リフォーム予算をおおまかに決めます。 予算が決まったら、希望のリフォームが可能な会社を探します。それぞれに得意な分野等があるので、特徴を比べてみるのもよいでしょう。

問い合わせ・プランを立てる

ピックアップした数社にリフォーム内容を相談します。メールや電話、住居訪問を行い、打ち合わせをし、リフォーム内容を確定します。

依頼先を決定する

見積もりと施工プランをもとに、実際に依頼する業者を決めます。

商品決定・現場調査・お見積り

依頼先、プランが決まってからは事務所を訪れて材質を選んだり、職人を伴う現場調査、ショールームなどの訪問をしたりと具体的にリフォーム内容を決めていきます。これにより、最終プランと見積もりを確定します。

工事契約・お支払い

設計プランや見積りが、希望や条件に合っていれば“工事請負契約”を取り交わします。契約後の内容変更には追加料金がかかることも。

ご近所への挨拶・施工・取付工事(着工)

近隣の住居と密接している場合は、騒音などで迷惑がかかる可能性があるので、あらかじめ伝えておきましょう。着工金、中間金の支払い

お引渡し

業者と一緒に最終検査をし、問題がなければ保証書の発行などの手続きをし、契約終了となります。最終金の支払いはこれ以降に行います。そうでないと、悪質な業者の場合、お金さえもらったから、と要望に応じてもらえないことがあるからです。

アフターサービス

工事終了後に何か不備があった場合の問い合わせ先がしっかりしている業者を選ぶことも重要です。3か月、1年、と定期的に点検に来てくれる業者もあります。

上部にジャンプ!