良いリフォーム会社を選ぶポイント

リフォームを成功した人は、どんな基準でリフォーム会社を選んだのでしょうか。 近年ではリフォームの需要が増加しているのに伴って、大小問わずリフォーム会社は増加しつつあります。信頼できるかどうかをよく見極め、しっかりとした相性の良い会社を選びましょう。

各社の得意分野で選ぶ

まずは、どんなリフォームをしたいかを基準に、各社それぞれの特徴を理解しておきましょう。 大手リフォーム業者は大規模リフォームのノウハウを持ち、仮住まいの手配やインテリアコーディネートなどのサービスが充実しているので、お任せリフォームができます。 ただしリフォーム費用は割高傾向で、社員数が多い分だけ担当者のレベルにばらつきがある可能性もあります。

ホームセンター・スーパー系リフォーム業者は、安く動きがいいので、水栓金具の交換、フェンスや物置の設置などが気軽に依頼ができます。

デザインを重視したいならデザインが得意な設計事務所に、気軽に何でも頼みたいなら馴染みの近所の工務店に、とにかく安くしたいならDIY(自主制作)でやり、できない部分だけ専門業者へ依頼するなど、自分の求めるものに合わせた業者選びを考えることが大切です。

リフォーム会社としてどのくらいの経営年数があるか

リフォーム工事は、何も無いところから自由に作り始める新築工事と比べ、配管や寸法に制約が多いこと、工事を始めてみないと分からないことがあるなど、はるかに難しいと言われています。新築工事経験がどんなに豊富な業者であっても、同時に優秀なリフォーム店である、とは一概に言い切れません。

リフォーム業は建設業に含まれるのですが、建設業法の特別規定として、施工受注金額が500万円未満の軽微な工事については、建設業許可を受けていない業者でも受注する事ができます。そのため近年では、注文のみ受けてあとは下請けに丸投げする様なブローカー的リフォーム店や、詐欺まがいの行為をする悪質業者等が多く見られます。工事を依頼するのであれば、長年の経験と実績によって培われた「リフォーム業者としての知識」を持っている業者を選んだ方が良いと言うことができます。

ヒアリング力・提案力があるかどうか

「こうすると安くできます」といった提案を親身にしてくれる会社は信頼できます。しかしいきなりの大幅値下げをする会社は怪しく、安すぎる値下げの提案などは粗悪な工事をされる可能性もあるので注意が必要です。

きちんとした見積もりを出す業者を選ぶ

『一式○○○円』という記載では中身がよくわからず、お互いの確認不足の原因にもなります。項目ごとに費用の明細がわかりやすく、見積りの前提となる設備機器部材のメーカー品番、価格、数量、工法、施工範囲などが具体的に書かれているか確認しましょう。 また、できるだけ複数のリフォーム会社から見積りをとり、比較検討しましょう。

対応の良さが最も重要

あるリフォーム紹介会社のアンケートによると、リフォームを依頼する会社を選んだ一番のきっかけは「対応の良さ」でした。見積もりから工事終了まで、数か月間の連携をとるため、プラン担当者、施工担当者の人柄、誠実さもさることながら、迅速な対応をしてくれるかも大きなポイントになっています。

アフターケア・保証制度がしっかりしているか

アフターケアや保証について、明文化されていない業者は避けるべきでしょう。設置した設備のメンテナンスや、不具合が生じたり場合に、きちんと対応してくれる業者を選ぶことも忘れてはいけません。こういった点については、口頭はもちろん、契約前に書面で確認することをおすすめします。

上部にジャンプ!