希望のイメージに近づけるために

理想のイメージを具体的に考える

「ここをこうしたい」というイメージをはっきりと持っておくことが大事です。予算の都合上、譲らなければならない箇所も出てくるとは思いますが、リフォーム箇所の優先順位を業者にしっかりと伝えることが希望に近づけるカギです。

業者としっかりと話し合う

リフォーム内容を口頭でさっと決めるのではなく、細かな部分までしっかりと話し合い、お互い納得して工事に取り掛かることが大切です。

カタログでなくサンプルで選ぶ

素材を選ぶ際には、カタログだけでなく実物を見て決めるとよいでしょう。カタログでは伝わりにくい手触りや微妙な色の変化を見極めることが出来ます。自然光と太陽光で、昼間と夜間では見え方が異なるので、よりこだわるならばさまざまなシチュエーションで見比べる必要があります。

イメージを立体的にとらえる

平面の図面だけで見ていても、出来上がったときのイメージはなかなかつかみにくいものです。キッチンやリビング、吹き抜けや勾配天井などは、立体的なイメージでとらえると、さらにそこに必要なものなども見えてきます。パースなどの立体図や出来上がりのイメージを画像で見せてくれる会社もあるので、活用するとよいでしょう。

モデルルームやショールームを訪問する

システムキッチンやシステムバス、洗面化粧台やトイレなどは、ショールームで実物を確認しましょう。ショールームでは、色や形を見るだけでなく、浴槽なら足を伸ばして入れるサイズか、キッチンカウンターの奥行きや幅、高さ、シンクの使い勝手などもしっかりチェックすることが出来ます。ただし実際の家より明るく広く作られているので、家に入れたら思ったより大きい、色が違うということがあります。実際に家のサイズをきちんと測って、考慮して選ぶようにしましょう。

上部にジャンプ!