情報の集め方

リフォームでは、どこに依頼するのか、何か準備はいるのかなど、分からないことがたくさんあると思います。専門家全て任せればいい、と考えるのではなく自分自身でもある程度の流れや予算を知っておく必要があります。まずはさまざまな情報を収集して、自分にとって必要な情報を上手に収集していきましょう。 また、専門家や業者にアドバイスをもらった際、それを鵜呑みにするのではなく、自分たちにとって的確か否かを"自分自身" で判断できる知識を持つことが大切です。

住宅専門誌で総合的に情報を集める

情報収集の手段はさまざまですが、ある調査結果を見ると、住宅専門誌で情報を得ている人が圧倒的に多いようです。無料で置いてあるものから書店で売っているものまで多く存在し、リフォーム会社の情報から設備・建材の最新情報、さらにリフォームのノウハウ記事まで、幅広く載っています。バランスよく情報を集められ、各社を比較するなどにより判断力も身に付きます。

インターネットでHPや口コミ、リフォーム事例を調べる

リフォーム需要が高まっている現在では、インターネット上でも多くの情報が得られます。建築家が自ら公開している事例や情報、リフォーム経験者の良かった点、悪かった点などの口コミも大いに参考になります。

資料請求

条件に合ったリフォームをしてくれる会社が何社か見つかれば、次にはカタログやパンフを集めます。 気になる会社や商品があったら、積極的に資料請求をしましょう。カタログやパンフレットでは、ホームページでも得られない、より詳しい情報が得られます。それで気に入ったら、会社を訪問します。会社の中を見たり、その場で営業担当者と話をすることで、よりその会社の雰囲気をつかむことができます。

電話で問い合わせ

リフォーム会社に電話で問い合わせをする場合は、聞きたいことや自分の条件をまとめておくとスムーズです。リフォームしたい内容(なるべく具体的に)、住宅規模、築年数、予算などをまとめてメモをしておきます。また、いつリフォームしたいのかを伝えることも大切で、それほど急いでいない場合や、すぐには訪問してほしくないときは、その旨をはっきり伝えましょう。

ショールーム・モデルルームを見学する

ショールームやモデルルーム見学の最大のメリットは、やはり最新の商品を見たり体験したりと「実物」を確認できることです。カタログの写真ではわからない手触りや光沢などもしっかり確認することができます。 また、それぞれのショールームにはアドバイザーがいるので、専門的な情報を収集したり相談したりすることもできます。

上部にジャンプ!