注文住宅のご質問

Q. 外壁の塗り替えやトイレの便器交換など小さなリフォームでも対応してもらえますか?
A.はい、小さな工事でも依頼することができます。
Q.建てた、リフォームしたあとのアフターケアは大丈夫ですか?
A. 注文住宅を手掛ける工務店は、主に地元に根づいた展開をしています。だからこそ引渡し後も末永く付き合え、いつでも相談できる安心感があるのです。家は何十年も住み継ぐものですので、むしろ建てた後の方が大事といっても過言ではありません。いざという時に頼りになるパートナーかどうか、という基準も念頭において住まいづくりを進めましょう。
Q.面識のない工務店に相談に行くのは不安なのですが。
A. 確かにはじめての工務店では、いきなり事務所に行って相談するのは勇気がいるかもしれませんね。ならば、最初は見学会や現場で話をすることをお勧めします。その工務店が手掛けた現場を実際に見ることで、安心感や信頼感は生まれます。お気軽にお出かけになっていろいろと質問をしてみてください。きっとよい工務店と出会える場所となることでしょう。
Q.注文住宅ならどんな家でも建てられるのですか?
A. いくらオーダーメイドの住宅とはいっても、どんな家でも建てられるわけではありません。地域や敷地に関する条件、家の面積や高さ、建材などを対象とした法規制もあるので注意しましょう。
Q.工務店とハウスメーカーの違いは?
A.定義は曖昧ですが、一般的にはハウスメーカー(HM)とは大手住宅メーカーのことを言います。安さやデザイン性やクオリティを競い合いながら、独自のノウハウを元に、プランの質を高めています。ハウスメーカーの最大のメリットは、安心感ではないでしょうか。 一方、「工務店」とは、地域密着型の小規模なメーカーのことを言います。独自のノウハウを確立させているわけではありませんが、土地に詳しく、地域の気候や風土を活かした家づくりをしてくれます。派手な広告は打たずに、口コミや世代で受け継がれていることも特徴です。
Q.注文住宅って高そう。
A. 一から創り上げるのでそう思われがちな注文住宅ですが、予算に応じてきめ細かな提案ができるメリットもあります。商品仕様や建材などを自由に選ぶことができるので、コストダウンを徹底する部分と費用を掛けてこだわりたい部分とを分けて、柔軟に家づくりをすることが可能です。つまり、予算の範囲内で最も希望にかなう住まいを実現することができるのです。
Q.注文住宅で家を建てる人って少数派ですか?
A. 大手住宅メーカーのテレビコマーシャルなどが目につく影響もあり、工務店などが手掛ける注文住宅は少数派では?と思う方もいらっしゃるかもしれません。ところが、現実は全く逆で、わが国で建築されている住宅の実に85%(2000年上半期実績)が、全国150,000社ともいわれる工務店により建築されています。思い通りの住まい実現が可能な注文住宅の良さが、広く根づよく支持されている何よりの証拠と言えるでしょう。
Q.注文住宅と規格型住宅の違いは?
A. 住宅メーカーなどが手掛ける同じようなデザインの住まいが、規格型といわれる大量生産の住宅です。規格型が、建てる人の希望を全てカタチにした家とは言えないものであるのに比べ、一からプランニングをしていくのが工務店などの手掛ける注文住宅。住まいへのこだわりを実現し、ほかにはない自分だけの住まいという、何物にも代えがたい満足を手に入れることができます。

注文住宅のご質問一覧へ

住宅リフォームのご質問

住宅リフォームのご質問一覧へ

上部にジャンプ!